2man のすべての投稿

人生で一番の買い物をしたのはマイホーム

人生で一番の買い物をしたのは、間違いなくマイホームです。

マイホームを購入するには一番が決断力が必要でした。

埼玉県の大宮あたりで探していましたが、本当にこんなに大きな金額を支払うことを決めてしまってよいのか、この先永遠に近い時間をローン支払いに追われるのが本当に良いのか。

だれもが同じだと思うのですが、将来の保証は全くわからない状態で決断を迫られることになってしまったのですが、最終的には楽観的な性格があったので購入にいたりました。

ただ、実は購入を決めてからが大変でした。

マイホームですが、もちろん家族が住むので、我が家の最高権力者となっている妻がいます。

そして今回は、親と同居の2世帯住宅となったので、自分の父と母の意見もあります。

父と母、そして妻との調整が必要で、しかもそれをスケジュールと予算を合わせながら妥協点を見つけて、工事を進めていきながら、お金もローンの手続きを銀行と進めるという、大変な時間を過ごすこととなりました。

たとえば、最初のハウスメーカーに話を聞きに行くといったところから、父と母を連れていくのかどうか、妻と喧嘩になってしまったのです。

そのときから、大変な道を歩まなければならないという恐怖を覚えたことを記憶しています。

その妻ですが、少し前から脱毛のクリニックに通いたいと言っていて、2世帯住宅を買う予定なのにどのくらいの出費になるのか気になったので調べてみました。※レーザー脱毛大宮

案外するものなんですね。

これからは家のローンもあるし、相談しながら妻の希望を叶えてあげたいと思っています。

それから地鎮祭や竣工、壁紙からトイレ、住宅設備機器の選択、太陽光発電はいるのか、床暖房は贅沢じゃないのか、カーポートはあったほうが便利じゃないのか、そいういった細かいところから大きな決断まで、ほぼ注文住宅だったため、決めなければいけないことが本当に山のようにありました。

金額が大きいので、当たり前なのかもしれませんが、もう修行だったとしか感じなくなってきていたのです。

その間もちろん仕事もありますが、正直なところその家が完成するまでは仕事どころじゃなかったですね。

ただやっぱり完成して入居するときに、初日の一番風呂を私のために全員が待っていてくれたのは、少し感動的でした。

感動してないで、さっさとお風呂に入れと怒られてしまいましたが。

それだけの大きな買い物で、これからの人生、二度とないと思います。

急に必要となったマイホーム

今まで生きてきた中で一番大きな買い物は、やはり「家」でした。
いつかは家を買いたいねと夫と話していたのですが、それは突然来てしまったのです。
実は当時住んでいた家を出ていかなくてはならなくなり、私たち家族は途方に暮れてしまいました。 せめてあともう少しこの家に居られないか訊いてみたのですが、その家は築数十年の古さ、老朽化も甚だしく修理するのも勿体ないと言われていた程の家だったのです。大家さんよりこの家に住み続けるのであれば家賃値上げも致し方ない旨伝えられ、主人ともども「もう引っ越すしかない」とハラをくくりました。

しかしくくってはみたものの新しい引っ越し先について見当もつきません。そして何より銀行口座の残高の少なさ!。これでは引っ越し費用は何とか捻出できたとしても、新しいハイツの礼金・敷金が用意できない。ましてや同じ市内に住む夫の実家に居候するわけにもいかない。どうするべきか夫婦で話し合ったところ(無謀にも)家を建てよう!という結論に到ったのです。

幸い、数年前からお付き合いのある不動産屋さんがいました。そこでチラシを見せていただき、今住んでいる家からほど近いところに良い土地を見つけ(話はとんとん拍子に進み)あっという間に家の新築と言うことになったのです。本当に・・・あれよあれよという間のことでした。確かに不安がなかったわけではありません。いえ、言ってしまえば不安ばかりでした。けれどここまで来たからには前に進むしかない。有り難いことに土地、家の新築費用については夫の勤務先より全額借り入れることができました。前述の通り当時我が家の銀行口座にあったのは引っ越し費用のみ、あとは全て借入金による新築です。こんな方法で本当に良いのだろうかと思いながらのスタートではありました。

土地代として800万円を「現金で」業者に支払ったときにもくらくらしました(笑)。なんたって今まで触ったこともないお札の束をデン!とテーブルの上に置くのです。二人揃って手が震えていました。もう、いろんなこと、生まれて初めてのこと、訳わかんないこと目白押しです。そんな中でも、勤務先から借りたあんな大金を本当に返していけるのだろうか・・と心配で夜も眠れない日がありました。 そういう私たちの気持ちを余所に新しい家はどんどん完成に近付いていきます。 不安と嬉しさといろんな気持ちが交錯した数ヶ月間ではありましたが、家族力を合わせて何とか過ごすことができました。

あれから早くも12年が経過。初めてこの家に入ったときの気持ち。新しい畳の匂い。テーブルも椅子も何もかも新しくなった暮らし。戸惑いながらも何やらくすぐったい気持ちでした。おかげさまで借入金返済も滞りなく出来ています。気付けば、まるで高い壁のように感じていた借入金も今では半分以上を返済することが出来ていました。本当に有り難いことです。
住宅ローン返済のために私も働きました。家事との両立は大変でしたが。。。
家計が苦しい時には派遣社員の私でも使えるカードローン(カードローン派遣会社)に助けてもらって、なんとかやりくりしてこれました。

「家の購入」は私ども夫婦にとりまして本当に大きな買い物ではありました。ためらいや不安はありましたが、思い切って飛び込んでみて良かったと思います。あの頃の・・・十数年前の自分たちに、不安で一杯になってた自分たちに「大丈夫だよ!」と声をかけてあげたい気持ちです。

夏の光熱費が怖い!

毎年夏になると、光熱費が冬の2倍ぐらいになって困ります。
1万円の大台を超えることもあり、家計にとって厳しい季節です。

一番最初こんな感じの生活をした時にものすごい金額の請求が来て、毎月予算を決めてお金を使っているのですが、それを大幅に超えていて・・・

この時ばかりは、毎月赤字ギリギリの生活をしていた我が家はお金を借りて生活をしましたね。

なのでそれからは少しでも電気代を節約しようと頑張っているのですが、どうしても暑がりばかりがいる我が家はすぐにエアコンをつけてしまいます。
家族揃ってみなすごく暑がりなので、6月の初めから夜寝る時はエアコンを
使います。
窓を開けて寝れば風が入るのでエアコン代の節約に
なると思いますが、防犯的に心配なので、
窓はしっかりとしめてエアコンの方を選んでいます。
7月に入ると、日中もエアコンはつけっぱなしに
しています。エアコンを使う機会が多いので、省エネ効果の
ある機種を使っていますが、それでも電気代は多くなります。
寒さには強いので、冬場はエアコンをあまり使わないせいか、
夏場の電気料金お知らせを見るのが怖いです。
また、6月7月は雨が多いので、洗濯物が乾かない時が
多くて乾燥機の電気料金もアップします。
夏場はゲリラ豪雨が多いのも、乾燥機の出番の1つの原因に
なりますね。

もう1つ夏場になると困ることがあります。
それは食材の管理です。夏場は気温が高いから、食材の痛みが
早いですよね。
我が家はまとめ買いをするので、うっかりして食材を
腐らせてしまうこともあり、もったいないことをしています。
また、子供や夫に持たせるお弁当にも気を使います。
日中、痛んで体を壊さないように、わさびシートや保冷剤を
お弁当に入れて、痛むのを防ぐよう対策をしています。
夏場だけでも、お弁当はやめたいのですが、食費の節約の近道なので
なかなかやめられません。
早く涼しくなるのが待ち遠しいです。

肌の声をしっかり聞いてお手入れを開始

今日は何だか肌の調子が良いなあと感じる事もあれば、逆に今日は何だか脂っぽいなあとか乾燥がひどいなあと感じてしまうこともあるのですが、肌の調子は一定していないと言う事が多いので、毎日お肌の状態を良い状態に
するために必ずお肌の声を聞くようにしています。

例えば乾燥がひどい時には化粧水をたっぷり付けてからシートマスクをしてみたり、脂っぽいと感じた時は毛穴に皮脂や汚れが溜らない様に、スクラブ入りの洗顔料を使ってからさっぱりタイプの化粧水を使っています。

肌の声を聞く事が最も美肌になれる方法だと感じているのですが、やはりお肌自体のお手入れだけでなく、毎日の生活習慣や食事なども重要になってくるので、いつも栄養が偏らない様にしながら食事内容にも気を配っています。

特に美肌には酵素が必要だと感じているので、毎日朝は朝食の代わりにグリーンスムージーを飲んでたっぷりの野菜と果物と酵素を身体の中に摂り入れます。

これだけでもかなりお肌の調子は上がったのですが、魚や肉や大豆製品など美肌には欠かせない食材もバランス良く摂る様になったことで以前よりも肌荒れの回数が極端に減りました。

さらに美肌のために欠かせない事が睡眠時間の確保なのですが、午後11時にはベッドに入って睡眠をして、平均して6時間以上はしっかり眠るようにしたところ高価な美容液も必要ないくらいかなり肌レベルは上がりました。

美肌のためには毎日の積み重ねが重要だと考えているので、コツコツと綺麗貯金を増やしています。

昨年あたりから、ちょっと気になっていることがあって、それは主人の足の血管なんですが、足の血管が浮き出ている部分があるんです!!

大きさというか長さにしたら一センチから二センチくらいの長さなのですが、ぷっくりと盛り上がっているんですよね(´・ω・`)

これが、何か命にかかわるものだったら怖いから病院で診てもらいなよっていうのですが、主人はそこまで考えいないみたいで全然行ってくれないんですよね。もともと病院嫌いっていうのもあるのですが・・・

何かあったときでは遅いので説得をして早めに診てもらおうかと思っています(´・ω・`)

電気代と体臭と・・・

連日の猛暑、たまらないですね。

職場で毎日エアコンを使っているので、もう体がエアコンなしでは暮らせない身体になっています。
エアコンを使うと確かに快適に過ごせるのですが、どうしても気になるのが電気料金です。

日中は家に誰もいないので帰宅するとムッとした熱気が襲ってきます。
なので迷わずエアコンのスイッチを入れます。

そうして寝るまでずっとエアコンを入れっぱなしにしています。
しかし家のエアコンは少し旧型なので電気代がかなりかかります。

毎年この時期の電気料金の明細を見るのが怖いです。
大体通常の料金の二倍強かかります。

家計には大きな負担ですが、いったん涼しい環境になれてしまうと我慢がききません。
そんなわけで夏場はエアコンの電気代に悩まされます。

他には私は大変な汗っかきなので夏が来ると体臭に困ります。何もしていなくて時としているだけでも汗が垂れ流れてくるぐらいですからね。

脇汗なんて凄いことになってますよ。汗の目立つTシャツなんて恥ずかしくて絶対に着れませんね(*_*)
自分ではそんなに臭わないと思っているのですが、人と会うと一瞬眉をしかめられたりします。

妻い言わせると汗と加齢臭が混ざって軽く気分が悪くなるそうです。
一応仕事に行く前に抑汗スプレーを吹き付けているのですが、効果があまり持続しないみたいです。

体臭がきついというのは自分でもどうしようもないので困っています。
いっそ職場にシャワールームでもあればと思いますが、そんな恵まれた環境の職場なんて、そんなにはありませんよね。

毎年夏になるのが憂鬱になります。それに昔よりも社会が臭いに敏感な気がします。
消臭スプレーがこれでもかと売っていますものね。ああ、早く夏が過ぎて涼しい秋が来れば良いのになぁ。

住宅ローンが負担となり生活費に困った

私は生活費で非常に困った経験があります。それは、住宅ローンの支払いが負担となったからです。

住宅の購入を決意して、予算や住宅ローンの設定をきちんとしたつもりでしたが、その当時の生活レベルと、購入後の生活レベルに違いが生じました。

今思うと、念願のマイホームが持てる!といった気持ちで興奮してしまい、支払いについて甘く考えていたところがあると思いましたね。毎日仕事さえしてたら、住宅ローンなんて大したことないだろう、家賃も無くなるし。って軽く思ってました。

それが大きな間違いでしたね。理由としては、家を購入後に会社の業績が悪化して収入が減ったからです。以前は残業もしており、仕事は忙しい分収入もしっかりもらえていました。

しかし、その後収入は減り、住宅ローンが重くのしかかりました。乗り切るために各種保険を見直して減額をしたり、食費を削ったりして節約をしました。

さすがに、このままだと住宅ローンの支払いが出来ないって思いましたね。

そして、会社に対する不安もあったので、転職を決意し、退職金をもらいました。それを住宅ローンの返済にあてたことで、最悪の事態を免れることができました。

それからは、新しい職を見つけて、少ない給料ですがどうにか毎日過ごせて行けています。まだローンの支払いはありますが、退職金である程度まとめて払ったので、月々の負担額もだいぶ少なくてよくなりましたからね。

決して贅沢な暮らしは出来ませんが、それなりに楽しく過ごせていますよ(^^)/

あと、5年ほどで住宅ローンも支払い終わる予定なので、そうなれば月々の支払いも減り、今よりもだいぶ楽に過ごせるようになると思います。とりあえずあと5年、頑張っていきます!!

高速バスは安い。

高速バスは学生時代に関東から大阪・京都にいく時に数回利用したことがあります。
一番の魅力は新幹線に比べるとかなり安いことです。深夜にでて早朝に大阪駅や京都駅に到着するので、一日目の観光や遊ぶ時間を長くとれます。
でも、バスの中で寝れないと、到着後がちょっとつらいこともしばしばありました。
バスでも種類があって、3列で一人づつシートがわかれているものや、2人がけづつのものが多いです。
オススメは3列で一人づつ分かれているものです。隣に知らない人が座る可能性がないのでかなり安心できてねれます。真ん中の列になるとちょっと寝にくいです。
あと、深夜に乗るものであれば、女性は女性専用のものに乗るとかなり安心して利用できます。
少し割高になってしまいますが、安心感と自己防衛だと思えば、保険として高くないと思います。
あと、リクライニングできる座席でも変な体制で寝ることになるので、着いた時に体が痛くて疲れていることもあります。
ネッククッションやブランケットなど、旅行用でコンパクトになるものも沢山販売されているので、そういったものを自分で持っているとより快適に利用できると思います。
あと、飛行機に乗るときみたいに少し楽な服装で乗るというのもいいです。結局飛行機が早く到着できて便利なんですが、高速バスとは違いかなりお金が高いですもんね。

今は専業主婦の私も時々実家に帰るときに飛行機は使うのですが、お金が持ちませんね。飛行機で毎回帰っていたら。専業主婦借り入れというものも利用したことがあります。父親が危篤になった時に、どうしても早く帰らないといけなくて飛行機で帰ったからです。

に飛行機代といってもそんなにいきなりお金がないですもんね。私は。

遂に自分の家が!

遂に念願のマイホームを建てる事になりました(^^)/

今年で39歳、40歳までには自分の家を建てるのが夢だったので、夢叶いました。

まだ建ってませんが…w

決してお金を持ているわけでもなく、貯金を多く持っているわけでもないので、アレもこれもと欲張る事は出来ませんでしたが、それでも理想の家になると思います。

後は家が完成するのを待ち、35年のローンを頑張って払っていくだけですね。